2009年5月アーカイブ

その時、ビラ配りの美容師は何を思ったのか。

2009.05.29




ここんところずっと、俺のヘアースタイルは坊主頭。





タネも仕掛けもない、クリンクリンの坊主頭。











先日そんなナイス坊主の俺ちゃんが道を歩いてたところ、美容室のビラ配りの女子が俺にビラを渡そうとしてきた。











一体・・なぜ俺に・・?











いや、モチロン意味が分からないのでビラは受け取らなかったんだけど。





彼女は坊主頭の俺を美容室に呼び込み、一体何をしようとしたのだろうか?











考えられる理由は、以下の5つ。





1. ビラを通行人に渡すという単純作業を繰り返すうち、思考回路が麻痺してボーーッとしてしまい、間違えて渡す必要のない人間にまでビラを渡してしまった。




2. ヘアアレンジという楽しみのない坊主頭の人間への、あてつけ的な、嫌がらせ的な、美容室来れるもんなら来てみやがれ的な、いわば挑発行為としてビラを渡した。




3. この彼女は哲学に傾倒しており、「髪があるから切るのか。切る為に髪があるのか。」という自問自答の壁にぶつかったが為、実際に髪のない人間の髪を切ってみたくなりビラを渡した。




4. なにわ気質の芸人ノリな性格で、ただ単に"ボケ"としてビラを渡しただけで、むしろ俺のツッコミ待ちだった。




5. 俺に一目惚れしてしまい、不自然なのは否めないが気を惹きたい一心でビラを渡した。












う〜〜ん・・・











どう考えても、5だな。











間違いない。











次に会ったら、やさしく抱きしめてあげよう。








TOKIWA TOP
TOKIWA's Scrap Book

グータンヌーボ

2009.05.27




『グータンヌーボ』の見所といえば、ただ一つ。





女優が待ち合わせの店へと向かって通りを歩いているところのショット。











もはやトークの内容などはどうでも良い。
俺はこの『女優が"素"で通りを歩く』というシーンこそがたまらない。











引きのショットで女優が只々歩くその姿。演技ではない、只々歩くというその動作。
この時の横顔にこそ、テレビの中では見る事のできない女優のふとしたプライベートを垣間みる。





"素"の中にある本当のエロチシズム。
女優が一人の「女」に帰る瞬間がそこにはあるのだ。











めっちゃ萌ええぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。











どこかのマニアが、この歩いてるシーンだけを編集で繋いでDVDにし、俺にいくらで買うかと話を持ちかけてきたら俺はいくらまで出すだろう?・・・なんて妄想してしていたのだけど、加藤ローサの回も収録されているならば、結構な大金を積む事は間違いない。











違いのわかる男は、『"素"の横顔』にこそ発情する。





あるいは、俺がただ変態なだけなのかもしれない。








TOKIWA TOP
TOKIWA's Scrap Book

女を口説きたければマセラティに乗れ。

2009.05.18

cramp


英国の高級自動車保険のHiscox社が調査したところによると、マセラティのエンジン音には女性をコーフンさせる作用があるらしい。





以下、YUCASEE MEDIAより。



実験は、マセラティの他、フオルクスワーゲン・ポロ、ランボルギーニ、フェラーリの各々の車の録音されたエンジン音を40人の参加者に聞かせて、被験者から採取した唾液サンプルを基に行いました。

唾液中のテストステロンの分泌量を調べると、マセラティの時は女性被験者の100%に例外なく大きな変化が現れたのです。

テストステロンとは一般的に、男性ホルモンを形成する上で大事な分泌物で、女性は普段は男性の10%以下の分泌量しかありません。性欲や性衝動はこの分泌物が引き起こす作用の一つでなのです。

マセラティのエンジン音で、男性被験者がテストステロン分泌量を大幅に増加させた人は約半分。この事実から見ても、明らかに女性の反応が顕著であることが分かります。

(中略)

実験を行った心理学者のデビッド・モクソン氏は「女性の体内のテストステロンの量が大幅に増える現象が顕著に見られた。この結果から、マセラティのエンジン音が体内で生理的な反応を引き起こし覚醒される、と自信を持って言うことができる」と話していました。
























ちょっくら実家を担保に入れてきます。









TOKIWA TOP
TOKIWA's Scrap Book

High Five!!

2009.05.07




とどのつまり、不景気というものを打開するのに最も必要なのはこういった『ユーモア』なんではないでしょーか?





NYの地下鉄で行われた『High Five』(日本で言うとこの"ハイタッチ")がたまらなくハートフルなのでどーぞ。







(via らばQ







ほっこりしますね〜









TOKIWA TOP
TOKIWA's Scrap Book