2009年1月アーカイブ

できる男のエレベーターコマンド。

2009.01.21


318 仕様書無しさん :2008/11/05(水) 22:53:45
エレベーターコマンド


・三菱  キャンセルしたい[階数ボタン]をダブルクリック
     キャンセルしたい[階数ボタン]を押し続ける

・フジテック  キャンセルしたい[階数ボタン]を5連打

・OTIS  キャンセルしたい[階数ボタン]をダブルクリック
       扉が開いているときに[開ボタン]を押したままキャンセルしたい
       [階数ボタン]をダブルクリック

・松下  キャンセルしたい[階数ボタン]をダブルクリック

・東芝  キャンセルしたい[階数ボタン]をダブルクリック
     キャンセルしたい[階数ボタン]を押し続ける(3〜5秒)

・日立  キャンセルしたい[階数ボタン]を押し続ける

・不明  [階数ボタン]すべてを押す
     最上階層から順に素早くすべての[階数ボタン]を押す

→停止不可の階に停止
・フジテック  [開ボタン] + [閉ボタン] + 目的の[階数ボタン]

→上下方向のキャンセル
・日立  乗り込んだ[階数ボタン]をダブル











超絶便利。30,000ガバス進呈。







これ知ってるのと知らないのとでは、「モテ度」が一向に違うかと思われます。











TOKIWA TOP

単行本収集時に気をつけるべきたった一つの事。

2009.01.19




マンガの単行本を集める時、最も注意せねばならない点とは何か?







それは、同じ巻を重複して購入しないこと。















ひとたび失敗するなれば、「20世紀少年」の時の様な惨劇が巻き起こる。(2008年8月26日記事参照







20世紀少年







こんな事はもう、二度とあってはならない。二度とあんな悲劇を繰り返してはならない。
























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











最近また改めて『ドラゴンボール』のデラックス版(一回りデカくて厚い)を古本屋で集めているのだが。







俺の頭にあるのはただ一つ、『重複しない。』というワード。これのみ。







例の件が完全にトラウマ。完全に心疾患。完全にPTSD。















今のところ16巻まで集まったのだが、古本屋で続き探す時も







「重複しない。重複しない。重複しない。」







「17巻から。17巻から。17巻から。


 ドラゴンボール買うのは17巻から。」








という心経がBPM108で脳内をひたすらループ & ループ。







キーワードは「17巻から。」このポイントさえ間違えなければ、全くもって問題ナシ。恐れるものは何一つない。















そんなこんなで先日。中野の「Book Off」をディグしていたところ17巻以降のストックを発見。







新たに17巻、18巻、19巻、20巻を手に入れた!







買う時も、何度も己に念を押す。







「ドラゴンボールは17巻から。」







入念なチェックをし、速やかにお会計。・・・これで家に帰ってベジータ vs 悟飯の続きが読める!























で。







家に帰って。







袋を開けてみたら。























18巻が2冊あるんですが。







Photo







なぜ?







どうして?







What's goin' on...















どういう仕組みかわからんけど、袋の中から出て来たのは、







17巻、18巻、18巻、19巻、20巻。







なぜ?







どうして???







Tell Me Why...















事件は迷宮入り。











TOKIWA TOP

映画。

2009.01.17




ついカッとなって、「レッドクリフ」観た。







三国志好きなもんで。















とりあえずコレ面白いか、面白くないかとかいう話の前に、







途中から張飛役の役者が石原裕太郎に見えてきて、それどころじゃなかった。







笑いこらえるのに必死・・。















「チェ 28歳の革命」も観た。







チェ・ゲバラかなり好きなもんで。















コレはコレで面白かったのだけど、







チェ役の役者が古谷一行に見えてきて、それどころじゃなかった。







笑ってはいけない、サイレント映画館。















・・・映画を見るのも、大変だ。















しかしながら、チェは相変わらずカッコ良いという事を再確認。







男の中の男。







俺も2009年はああいう男になりたいので、とりあえずベレー帽買いに行ってきます。











TOKIWA TOP

東京タワー。

2009.01.15




正月、東京タワー昇ってきた。







これは、ダラダラせず自らアクティブに動き始める事で「今年の俺はなんだかいつもと違うぞ感」を醸し出すという自己演出の一環であり、加えて「高い所を目指す」という行動をとる事によって深層心理に"向上マインド"というアンカーを植え付ける、いわば一種の高度な自己催眠プログラムでもあるわけで。











ま、要はまとめると「ヒマ」だったって事なんだけど。















「昇る」と言えばやはり富士山、Mt. FUJIか? とも思ったが、



ふと現実を直視するなれば、富士山は遠くて、寒くて、しんどくて、めんどクサくて一向にやってられないので即座に却下。







「できることから始めよう。」これが2009年のテーマ。















つーわけで、近くて、手軽で、暖房のきいた、ぬくもりと愛しみの「東京タワー昇り」へ。いざ。















とはいえ。







流石にエレベーターで昇るのは邪道であり、謀反であり、インポテンツの仕業なり。







男は黙って「外階段」。 これに限る。







その数およそ、600段







高さ150mの大展望台まで、ひたすら、ひたすら、ひたすら昇る。これぞできる男の東京タワーENJOY術。















つっても、実際昇ってる時間15分くらいなんでラクショーだけど。







なんつっても、エレベーターでは味わえない道すがらのパノラマなビュー具合がタマラン!







高所恐怖症を克服したい方、外階段マニア、鉄骨建造物フェチなどの方にはとりわけオススメ。







garally:1/8 garally:2/8 garally:3/8 garally:4/8 garally:5/8 garally:6/8 garally:7/8 garally:8/8






本日も写真は俺のiPhone。 Lomoフィルターの「赤」がエエ感じやね。







TOKIWA TOP

迎春。

2009.01.13




明けすぎました。





・・・が、皆様おめでとうございます!!





2009年も、その節は何卒よろしくお願いいたします。















今年も順調にスタートからダラけ倒してますが、ここは一つ気持ちを入れ替え、



パイパンな まっさらな気持ちを持ってしてこのTOKIWA日記を迎える所存でございます。



たぶん。















つーわけで、時期をハズしまくってますが新年らしく書き初めをしたのでUP。







書き初めつっても、「iShodo」ってiPhoneアプリでですが。







迎春









こいつがかなーーりイイ感じ。他の力作も御堪能くださいませ。











書道Image







書道Image







書道Image







書道Image







書道Image







書道Image







書道Image







書道Image















「書」の心は、「日本」の心。 指圧の心は、母心。







2009年もよろしくどうぞー











TOKIWA TOP