2008年5月アーカイブ

TOKIWA連続短編小説『帽子』 第二話

2008.05.29

第二話「さようなら、イチロー君。」

________________________________________________







人生を生きるには、二通りの方法しかない。







運命に抗うか、運命を受け入れるか。







そのどちらかを選択する権利は人それぞれにあるのだけど、しかし「運命」そのもの自体を拒否することは我々人間にはできない。







運、命。







今思えば、俺とイチロー君の運命も最初から決まっていた事なのかもしれない。







拒否する事のできない、運命。







「運命の出会い」は、「運命の別れ」へのカウントダウンにしか過ぎないという事・・・。



















運命の帽子、「イチロー君」がわが家に来た、その二日後。



























イチロー君、どっかに落とした。















新宿らへんでどっかに落とした・・・。















超おNEWの帽子どっかに落とした・・・。















買って二日目で、ソッコーーでどっかに落とした・・・・。



















・・・・・・・・











・・・イチロー君は







ただ







静かに







私の元を去って行った・・・







ただ、ただ







静かに。























はじまりの終わりは、終わりのはじまり。







来るイチロー君あれば、去るイチロー君あり。







これもまた、運命。







ならば、この運命も受け入れよう。







皮肉なもんだが、「別れ」を受け入れることで、「出会い」が最高の思い出に変わる。いつの日にかは。















イチロー君、君と過ごしたこの二日間は忘れない。







こんなにも早く別れが来るとは思わなかったけど。







どうか、新しい飼い主の元で元気にやってくれ。













もう君の居場所は探さない。







その代わり、







誰にも見られずに俺が思いっきり泣ける場所を探すよ・・・。















さよ、おなら。イチロー君。





















________________________________________________



P.S.

この物語は、ノンフィクションです。















むしろ、フィクションであって欲しかった・・・。






TOKIWA TOP

TOKIWA連続短編小説『帽子』 第一話

2008.05.26

第一話「こんにちは、イチロー君。」

________________________________________________







「自分に似合う帽子ってのは、こっちから探しても見つからんよね。

 あれも結局"出会い"やからね。

 出会うべく時が来たら、出会うべくして勝手に出会うもんやからね。」








去年の今頃か、Z君が言ってた。







確かに。全くもって、その通り。







帽子に限らず、服でもスニーカーでも、エロDVD借りる時もそうだと思うけど。






こっちがギラギラ探してる時って、そーゆーのって決まって見つからない。







人間、邪念が多いと直感も鈍る上に、いかんせん視野が狭くなる。







見えないモノを見ようとすると、"見えないモノ"しか目に入らない。







なんつーか、無欲の状態で、心がフラットな時にこそ本当に長年付き合えるイイ物に出会ったりするわけで。







ふと、突然に。出会いは向こうからやって来る。







THE「無欲」& 自分を「フラット」に、これが最強に良い出会いを引き寄せる方法ではなかろうか。















________________________________________________







先日、久方ぶりの素晴らしい帽子に出会った。







しかも5年、いや10年に一度あるかないかのビッグな「出会い」だ。







見た目こんなん。





CAP IMAGE





色、艶、フォルム、質感、ニオイ、肌触り、舌触り。







どこのポイントを取っても、かなり完璧に近いディティール。







更には、右サイドにワニが一匹。おすまし顔でお出迎え。







つまりこの帽子のブランドは『LACOSTE』と書いて、「イチロー君」と読むが正しい。



「イチロー君」記事参照















俺の、俺による、俺のため帽子。







俺と、イチロー君。







これぞ出会うべくして出会った、完全に運命的な出会い。







5月吉日、「初夏のソナタ」。







今まさに、俺は生涯の伴侶となるベスト・オブ・帽子と出会ったのであった。











つづく







________________________________________


【次回予告】  第二話「さようなら、イチロー君」


________________________________________






TOKIWA TOP

「ホワイトセージ」が癒しすぎな件。

2008.05.21




ブログで「ニオイ」が届けられないのが残念でなりません。







「ホワイトセージ」って知ってますか?





ホワイトセージ IMAGE





最近、激ハマリの一品がコレ。















一言で言えば「お香」なんだけども、そんなヤワな単語では片付けられないすんばらしいブツ。







俺は完全に一目惚れならぬ、一臭い惚れ!















元はこれアメリカ・インディアン達が古く神聖な儀式の際に使用してきたという スピリチュアル極まりないものでして。







ひとたびセージの葉に火を灯したなら、そこはもうナバホの聖地に早変わり。







ヒーリングっつーか、エネルギーっつーか、森林浴っつーか、母なる大地っつーか・・・







なんかそんな感じの「スピリチュアル臭」が出まくり!







大げさではなく、本当にすんげーリラックスしまくりデス〜〜〜







インディアン、ウソツカナイ。















なんでも説明書によれば、



ホワイトセージは強い浄化作用がありますのでパワーストーンやアクセサリー、 空間などあらゆるものを清めるパワーがあります。




とのこと。







浄化らしいですよ、浄化。







なもんで、汚れきった私は毎日頭からホワイトセージの煙を浴び倒しておりますよ!







マジ、オススメです。















"ヨゴレ"なあなたに。





腹黒い上司へのプレゼントに。





元気一本、ホワイトセージ・・・。






TOKIWA TOP

吹いたら負け。

2008.05.10




これ観て、吹いたら負けです。









あなたは何秒耐えられるでしょうか??














・・・それでは早速いって参りましょう!









謎の黒人さんによる、『愛を取り戻せ』です♪





















爆笑。









・・・俺は即死でした。笑









TOKIWA TOP