2008年2月アーカイブ

まつざきしげる色。

2008.02.24



ネタかと思ったら、本当にあった!









「まつざきしげる色」!





まつざきしげる色





















ハンパねえ。









こいつは、スゲぇ。









しかも手がけるは、天下のサクラクレパスではないですか。



















人種差別問題が叫ばれる昨今、こと"肌の色"ネタは割とタブー視されておりますが・・・。



















むしろ名指しで肌の色ネタ。









サクラクレパス・・・超柔軟。こんな柔軟な企業はスゲぇと思う。









けどこの企画にノッた本人松崎しげるはもっとスゲぇ。









こういう悪ノリ的なユーモア、大好きです・・・ワタシ。








TOKIWA TOP

【質問】JAY-Zがよくやる、両手で作るひし形のアレはなんですか?

2008.02.16

The Dynasty

【質問】

TOKIWAのお兄さんへ

今更ですが、質問です。

JAY-Zのファミリーがよくやる、両手で作るひし形のサインは何の意味がありますか?

教えてください。 (足立区 坂本一生・36歳)










ああ、コレの事ですね。

The Dynasty









JAY-Z一家がこぞってやってるやつですね。









これはHIP HOP業界では常識中の常識なのですが、意外と知らない方もいらっしゃるのでお答えします。



















・・・が、その前に一度質問をまとめさせてください。



















今回の質問を簡潔に、みのもんた的にまとめるとこうなります。









『JAY-Zがするひし形のハンドサインは


 _____
である。』










(注)まとめに意味はありません。やってみたかったダケ。



















と。いうわけで本題。



















お答えしましょう。









「JAY-Zファミリーがするひし形のハンドサイン」





























これは





























「永沢君」を意味します。






永沢君



















常識ですよネ☆ 特に説明はいらないでしょう。



















一応画像で見ていきますと、まず上にもあるJAY-Zのアルバム。




The Dynasty









これに永沢君をあてはめてみるとこうなります。




The Dynasty









ね? 完全に「永沢君」です♪














続いてKANYE WEST。




Kanye West









こちらもあてはめてみると、完ペキに「永沢君」。




Kanye West



















FREEWAYも。




Freeway









It's A "NAGASAWA".




Freeway



















JAY-Z & KANYE、2ショット時も、




Jay-Z & Kanye West









ガッデーーム "NAGASAWA"!




Jay-Z & Kanye West



















JAY-Z & デンゼル・ワシントン、2ショットでも!




Jay-Z & Denzel Washington









Oh!Mother Fuckin' "NAGASAWA"!




Jay-Z & Denzel Washington









アァーーハン? ユーノゥ?




パードゥン?



















いや〜、今日もまた一つお利口になりましたね。









「JAY-Zファミリーがするひし形のハンドサインは、"永沢君"である。」









知らなかった人は、ぜひとも覚えて帰ってください♪









TOKIWA TOP

『人生はそう、一杯のコーヒー。』

2008.02.11



バレンタインが近付いてきている。






今日も元気にエエ話を持ってして好感度UPを計りたい。






今日のはかなり、グッときた...。 以下、『FPN』ヨリ






『人生はそう、一杯のコーヒー。』

有名大学を卒業して輝かしいキャリアを今まさに築いている若者たちが、久し振りに母校の教授を訪ねたときのお話です。

会話はすぐに仕事や日常のグチの言い合いに発展する中、教授は教え子にコーヒーを振舞うためにキッチンへ向かいました。

数分後に教授は、大きなコーヒーポットと色とりどりのコーヒーカップを携えて戻ってくると、それぞれに好きなカップにコーヒーを注ぐように言いました。

陶器、ガラス、クリスタル...、もちろんプラスチックの白いコップまで。教え子は各々が選んだカップにコーヒーを注ぎ終えてカップを手にしたとき、教授は優しく話し始めました。

「ここに白いプラスチックのコップが残りましたね。みなさんが選んだカップは確かに美しいし、高価なものばかりだ。もちろん、せっかくなのだから良い器でコーヒーを飲みたいと考えるのは普通です。しかし、そういったものが人生においては、問題となりストレスになるものなのです。」

教授は続けます。

「カップそのものがコーヒーの味を変えないことは、みなさんわかっていらっしゃる。みなさんが選んだカップはただ高価なだけです。時としてそういうカップは、私たちが飲むものを隠すために使われることもありますけれども。」

「今、私たちはコーヒーが飲みたかった。カップが欲しかったわけではありません。しかしあなたがたは綺麗なカップを意図して選び、そして他の人が選んだカップにそれぞれ目を配っています。」

「人生はそう、一杯のコーヒーのようなものです。そして仕事、お金、名誉や地位は、みなカップです。そのカップがなんであろうと、人生が勝手に決まったり、あるいは人生を変えてくれるなんてことはありません。私たちにはときどき、カップだけしか目に入らなくなってしまうときがあります。そんなとき私たちは、せっかく与えられた自分だけの"コーヒー"を楽しめなくなってしまうものです。」

そして教授は最後に言いました。

「さあ、コーヒーを楽しみましょう。」















...すんげーグッとくる。エエ話ね...。



















誰しも知らぬ間に、過剰にカップをより好みしてしまっているのではないだろうか?









「カップ選び」という行為それ自体が目的になってしまったりして。
それって本末転倒甚だしく、全く持って滑稽なお話で。









でもきっと、誰しも身に覚えがあるハズ。



















・・俺は・・身に覚えありまくり。









・・・むしろ身に覚えがあり過ぎて、さっきから悪寒がしてきている。



















・・・コーヒー飲むのに、カップ選びに精を出してるのは実はまだいい方で、









うちの職場の周りには『ドトール』が何件かあるのだけど、コーヒーが飲みたくなった時オレは、

「カワイイ店員が居る」という理由で、一番遠いドトールまで足を運んでしまってるもの...。







お恥ずかしい話.・・。 カップ以前の問題だ、コリャ。









俺は、自分のそんな無駄にアクティブな所が大キライ・・。









はぁ・・ なんだかなぁ・・・









・・・思うに。









好感度UPの前に、コーヒーを楽しむ前に、俺は『精神と時の部屋』に入った方がいい気がしてきた。









TOKIWA TOP

再・リニューアル。

2008.02.09



見れば分かると思うけど、再びリニューアル。









バックグラウンドをダークブラックから、プラチナムホワイトへ。









より静謐に、よりコンフォータブルに、よりクリーミーなデザインへと一新。









説明するまでもありませんが、つまりはよりモテるデザインへと変更させていただいております。









当ブログをご覧のお嬢様方、ハートを盗まれないようにご注意ください。









本日は、取り急ぎご報告までに。









TOKIWA TOP

ホッキョクグマとガチョウと、ときどきオカン。

2008.02.07



今日はちょっと心暖まるエエ話を見つけたのでエントリー。







バレンタインも近いことだし、ここらでエエ話を持ってして好感度UPを計ります。







以下、『国際時事新聞』ヨリ




「高齢ホッキョクグマ、ガチョウと同居で元気に」

韓国の動物園で、老化が進み一日中横になってばかりだったホッキョクグマをガチョウと同居させたところ、元気に活動するようになり、話題を呼んでいる。

ソウル市クヮンジン(広津)区のソウル子供大公園内の動物園で飼育されているホッキョクグマのミングク(雌)は推定年齢が29歳で、人間の年齢だと100歳ほどに相当する。同公園によると、2001年ごろから老化が目立つようになったミングクは横になって過ごすことが多くなり、昨年夫と死別してからはさらに無気力になった。

ミングクの健康状態を心配した飼育員らはミングクに栄養剤を与えたほか、さまざまな遊具を用意するなどして運動不足の解消を図ったが、ミングクは寝てばかりで、活発に動こうとはしなかった。

ところが、ミングクの餌をねらってハトなどの鳥が飛んでくるのをヒントに、先月からガチョウのつがいをミングクと同居させたところ、ガチョウに刺激されてミングクの運動量が増え、餌もよく食べるようになったという。










なんつーか・・ヒジョーにいい話ですね。コレ。









年老いたホッキョクグマと、ガチョウのつがい。









まるで絵本にでも出てきそうな完璧なキャスティングではないですか。









しかし事実は絵本より奇なり。種の関係を超えて結ばれた、小さな小さな友情物語。









ハートフルです。全くもって、癒されます・・・。









エエ話じゃないですか?この話。俺はたまらなく好きな話です・・



















と、



















何気なくこの記事の載っている『国際時事新聞』の他の記事を読んでいたとこ、もう一本 『ホッキョクグマ』絡みの記事を発見しました。









「勇敢な母親がホッキョクグマと格闘、息子救う」

カナダで、41歳の女性がホッキョクグマと格闘し、息子を守ったと、Nunatsiaq Newsが報じた(Nunatsiaq News 2006年2月17日)。

女性の息子が友達と遊んでいたところ、ホッキョクグマが出現。それを見た女性は、子供たちを助けるため、ホッキョクグマに素手で立ち向かっていったという。

女性がホッキョクグマと格闘している間に、子供たちは無事避難することができた。ホッキョクグマは結局、駆けつけた男性により射殺され、女性に大きなけがはなかったという。















スゲぇ。



















オカンすげぇ。カナダのオカンすげぇぇえ! 笑









「ホッキョクグマとガチョウ」もかなり絵本ライクなシチュエーションですが、ホッキョクグマと 素手で格闘って...









コチラは完璧に森で熊と相撲を取る「金太郎」そのものですね。









母は強し。









結局の所この世で一番強い生き物は「母」なのかもしれません。



















ホッキョクグマとバトルといえば・・・









かの極真空手最強の格闘家ウイリー・ウイリアムスも熊とガチで戦っておりましたが、このオカンも全然負けてませんね...。









ってかこうなってくると、









ウイリー・ウイリアムス vs カナダのオカン









のガチバトルが俄然観たくなってきましたね!









どうですか?! 石井館長!









ぜひとも世紀のドリームマッチ実現の程よろしくお願いします。









TOKIWA TOP

ケータイサイトOPEN...!!

2008.02.02




本日、こっそりケータイサイトの方OPENしました。




PCよりもケータイ派な、アクティブな方々はぜひともご利用ください。




『TOKIWA日記mobile ★ ユビキタス・エボリューション』

http://tokiwadesigns.com/mt/mt4i.cgi

















コチラのケータイサイトの方の利用につきましては主に、







バスを待っている時、







電車を待っている時、







飛行機を待っている時、







飛行機に乗り遅れてしまった時、







そもそも人生自体、乗り遅れていると気づいてしまった時に、















待ち合わせの時、







鉢合わせてしまった時、







打ち合わせの合間、







取り調べの合間、







ハーフタイム、もしくはちょっとしたシンキングタイムに、















お湯を入れて3分待っている時、







遭難中、救助が来るのを待っている時、







廊下で「手術中」のランプが消えるのを待ってる時に、















由紀さおり姉妹の片割れの方の名前が思い出せない時、







「おそ松くん」兄弟の最後の一人の名前が思い出せませない時、







「ギニュー特戦隊」の最後の一人の名前が思い出せない時に、















都会の喧騒に疲れた時、







人肌が恋しくなった時、







人肌のぬくもりを求めてRioの動画のダウンロードを待っている時に、















めざましテレビの「今日の占いカウントダウン」で自分の星座が最下位だった時、







ニュースJAPANの滝川クリステル「それでは、今夜はこの辺で。」を聞かないと

一日が終わった気がしない時、















歌を忘れたカナリアが、何という歌を忘れたかが気になってしょうがない時、







もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対なんて思わないわけがないこともないような気がした時、







初恋の色が何色だったのか、思い出せない時・・・・・















・・・・・















・・・等々のシチュエーションでお楽しみくださいます事をオススメいたします。



















あ、ケータイサイトつっても内容は全く同じですよ。念のタメ。







そして残念ながら動画は観れませんので。あしからず...。(現在動画対応模索中です。)








TOKIWA TOP