世界は「振動」でできている。

eyecatch_frequency

 

その昔、ヨガに通ってた頃。

ヨガそのものの素晴らしさは勿論なのだけど、瞑想の時間が非常に好きで。もっと言うと、瞑想時に唱える「マントラ」が好きで。おマントラ。これがなぜ好きかって、なかなか言葉では説明できないのだけど。

 

マントラの「音」にもいろいろあって、例えば「ん」の音を唱える際。

(正確には”む”と”ん”の間の音。に近い。)

 

まぁ「ん」という音自体、口閉じてないと発せれないわけだから、「んんんんんんんんんんんーーー」ってな感じで「ん」という音が喉の奥から頭の内側、つまり脳に向かって響くのです。

 

この「脳が”んんんーーー”の音で揺れる感じ」。これが非常に非常に心地良い。メガネを超音波で洗う機械あるでしょ。なんかあんなノリで、脳をウォッシャブルしているような感じ。

脳が音によってマッサージを受けてるかのような。もしくは脳をチューニングしているかのような。ギターなんかのチューニング、音叉でやりますわね。あれと一緒。脳が正しい音を奏でられるよう、チューニングしているかのような。

 

ところで音ってなんでしょか?「波動」ですわね。

おマントラとか波動とか言い出すと、なんか突然宗教臭く思われるお方もいるかもしれませんが、「波動」が与える力ってすごいのですよ、奥さん。

 

たとえばこの動画。「波動」ってこんなことできるんですよ。

 

 

宗教臭くもなんともないでしょう、お父さん。科学的にどうこうの前に、目の前でこんなこと起きるわけで。

 

音、つまり「波動」が水に影響を与えるのは明らかでして。我々の体はほとんど「水」でできているのでして。良い音、良い波動であれば、われわれの体は喜ぶのだろうし、その逆もまた然り。

 

ヨガの際に唱えている「マントラ = 音」は、脳にとって体にとって、己の意識にとってかなり心地の良い音である、ということなのでしょう。

 

水に「ありがとう」と言い続けるか「ばかやろー」と言い続けるかで、出来る結晶の形が変わってくるってな本がありましたが。あれはあれで賛否両論なようですが、俺は全然あり得る話だと思います。

 

 

 

もう一つ面白い動画。上の動画とも関連するけど、今度は音には「形」があるってこと。

 

 

スピーカーの上に置いた板に砂をまき、スピーカーから異なる周波数の音を出していく、という実に簡単な実験だけど。見ての通り、周波数を変えることで砂がその姿形を変えていくという、不思議な不思議な現象が。

 

周波数ってのは、「一秒間に繰り返される波が何回あるか」を表す単位であり、つまり「振動 = 波動 = 音」なんですね。

 

 

で、この模様ってまさに「曼荼羅」そのものじゃない??

 

 

 

このへんとか特に。

 

 

 

曼荼羅ってーのは、端的にいうと「マントラを図形で視覚化したもの」と言われておりまして、もうなんだか全ての点が線で繋がってきますよと…。

 

動画の冒頭でもあるけど、抹殺された超絶天才科学者ニコラ・テスラさんも言っとります。

 

If you want to find the secrets of the universe, think in terms of energy, frequency and vibration.

「あなたが宇宙の秘密を知りたければ、エネルギー、周波数や振動の観点から考えなさい。」

ニコラ·テスラ

 

 

更には、イエスのおじさんも言っとります。

はじめにことばがあった。ことばは神と共にあり、ことばは神であった。

イエス・キリスト  –  ヨハネによる福音書1:1

 

 

この世はすべて「音」であり、「振動」でできている。

マントラで脳が振動するのも、ピンクローターが振動でブルブルするのも、すべては神の思し召しなのでした。

 

 

最近ふと、音に「形」もあるなら「色」もあるんじゃね??と思うんですが。周波数ごとの持つ「色」。もしかしたらそれを見える人ってのが「オーラ」だかが見える人なんでしょうかね。

 

 

 

 

TOKIWA DESIGNS
39歳・男。東京在住。レコードバイヤー・DJを経て、広告業界へ転向。前のめりで生きる道を模索中。最近は風の谷への移住も計画中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA